参考書の問題はどれくらい入試に出るの?青チャートの重要例題を調べてみた!! Vol.3

入試数学

参考書や問題集を使って勉強しいるときに一度は「この問題、ホントに入試に出るの?」って思ったことがないでしょうか?そこで高校数学の参考書の中で最もメジャーとされる「青チャート」の重要例題がどれくらい入試に出るのか過去10年分調べてみました。

第3回目はコレを調査!

放物線と円の共有点を求めるタイプ

この問題やってみると意外と難しい・・・。類題の経験がないと手こずる問題でもあります。青チャートで「重要例題」の位置づけになっているので、一生懸命学習している高校生も多いはず・・・。

そもそも青チャートとは?

画質が荒くてスミマセン・・・しかし、まさにコレのこと。多くの学校で指定参考書になっている定番の参考書です。(ちなみにこちらの画像のものは2019年2月10日発行の改訂版です)

何を使って調べたの?

今回の調査で使用したものはこちら!

旺文社から発行されている「全国大学入試問題正解 数学」の「国公立大 編、私立大 編、追加掲載 編」(2011年と2012年は国公立大 編、私立大 編 のみ)を使用しました。また、月刊「大学への数学」(2010~2019年の各7月号)も参照して調べております。

過去10年間(2010年~2019年)での出題大学

2019年

東京海洋大、明治大、龍谷大

2018年

三重大、九州工業大、東邦大

2017年

広島大、早稲田大、近畿大

2016年

岩手大、山口大

2015年

大阪市立大

2014年

岡山大、北海道薬科大、同志社大、早稲田大

2013年

佐賀大、津田塾大

2012年

名古屋市立大、東京電機大、一橋大

2011年

帯広畜産大、南山大

2010年

大阪大、名古屋市立大、駒澤大、東京理科大

調べてみての感想

調べる前に予想していたのは毎年1校ぐらいかなと思っていましたが、思っていたよりも多かったですね。青チャートの指針では「共有点⇔実数解」「接点⇔重解」となっていますが、そんなに単純な問題ではなく、いわゆる「解の配置」の問題のように実数解の範囲を考慮しなければいけません。そこが難しいところの一つでしょうか。

☆☆☆家庭教師のご依頼も受け付けております☆☆☆

ブログをご覧になって指導をご希望の方はこちらに詳細がございます。ぜひご覧ください。

入試数学
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
高校数学をはじめからていねいに

コメント