入試数学

入試数学

【問題集】『大学入試問題集 ゴールデンルート 数学1A・2B 基礎編 (KADOKAWA)』の紹介

今回はKADOKAWAの『大学入試問題集 ゴールデンルート 数学1A・2B 基礎編』を紹介したいと思います。大学入試で数学を使うが何から勉強を始めていけば分からないという人におススメの問題集になっております。対象となる学力層としては、河合塾の模試で偏差値40~50ぐらいの方です。
入試数学

【参考書】『新課程 チャート式 解法と演習数学I+A(数研出版)』の紹介

今回は数研出版の『新課程 チャート式 解法と演習数学I+A(通称 黄チャート)』を紹介したいと思います。多くの学校で指定参考書になっておりますので、もはや説明不要感はありますが、今回はこれについて話をしたいと思います。なお、こちらは2022年度からの教育課程用になります。
入試数学

【問題集】『数学Ⅲ 重要事項完全習得編(河合出版)』の紹介

今回は河合出版の『数学Ⅲ 重要事項完全習得編』(堀尾豊孝 著)の紹介です。数学IIIの範囲における基本知識と重要事項を網羅して、数学IIIの頻出テーマをマスターしたいという人には良い参考書だと思いますので、これについて話をします。
入試数学

【参考書】『数学 整数 分野別 標準問題精講(旺文社)』の紹介

今回は旺文社の『数学 整数 分野別 標準問題精講』(大山 壇 著)の紹介です。難関大学で頻出分野である「整数」に絞って書かれいます。整数問題でライバルに差をつけたい受験生には良い参考書だと思いますので、これについて話をします。
入試数学

『文系の数学 実践力向上編(河合出版)』の紹介

今回は河合出版の『文系の数学 実践力向上編』(堀尾豊孝 著)の紹介です。入試本番で差のつくテーマ90題(数学IAIIB)が厳選されています。文系数学でライバルに差をつけたい中堅・難関大志望の受験生には良い参考書だと思いますので、これについて話をします。
入試数学

『文系の数学 重要事項完全習得編(河合出版)』の紹介

今回は河合出版の『文系の数学 重要事項完全習得編』(堀尾豊孝 著)の紹介です。数学IAIIBの範囲における基本知識と重要事項を網羅して、文系数学の頻出テーマをマスターしたいという人には良い参考書だと思いますので、これについて話をします。
入試数学

【参考書】『試験時間と得点を稼ぐ最速計算 数学Ⅱ・B(旺文社)』の紹介

今回は旺文社の『試験時間と得点を稼ぐ最速計算 数学Ⅱ・B』(小倉悠司 著)の紹介です。数学IIBの範囲における計算に関しては一通りできるけれど、もう少し計算スピードを上げたいという人には良い参考書だと思いますので、これについて話をします。
入試数学

【参考書】『志田晶の 数学覚醒講義(KADOKAWA)』の紹介

今回はKADOKAWAの『志田晶の 数学覚醒講義』(志田 晶著)です。本書は2008年に刊行された『大学入試 数学の裏ワザが面白いほど使える本 1・A・2・B』を大幅にバージョンアップさせたものになっております。今回は本書について話をしたいと思います。
入試数学

大学の過去問に手を付けると解けないのは何故?【受験数学】

網羅系参考書を終えて、いざ受験校の過去問を解く時期になると(特に難関大学志望の生徒に多く) 言われるのが「過去問が難しくて解けないですが、もう一度参考書や問題集に戻った方がいいのでしょうか?」という質問です。こういう場合違う角度から勉強の仕方をとらえ直さないといけません。
入試数学

参考書の問題はどれくらい入試に出るの?青チャートの重要例題を調べてみた!! Vol.3

参考書や問題集を使って勉強しいるときに一度は「この問題、ホントに入試に出るの?」って思ったことがないでしょうか?そこで高校数学の参考書の中で最もメジャーとされる「青チャート」の重要例題がどれくらい入試に出るのか過去10年分調べてみました。